東京駅八重洲北口すぐ!中央区日本橋のマッサージはリラクゼーションサロン「悠癒の里」

血行・リンパの流れが悪化

主な原因としては

・肉体疲労 「筋細胞」

休憩、十分な睡眠がなく、体を使いすぎによる疲れ

・精神的な疲労 「神経細胞」

多くの方が日常の著しい変化や忙しすぎたり、社会での人間関係のストレスを抱えています。
(常に神経をピリピリして気を抜く事が出来ない緊張状態の時は、
交感神経が過剰に働き血管が収縮し血流が悪く、自立神経の乱れ
ひき起こす原因のひとつです。)

※自立神経には交感神経・副交感神経の2つがバランスを保つ為に脳が指令を出しています。
バランスが崩れて

交感神経 (緊張時) 体を活発に活動、運動、興奮状態 
副交感神経 (リラックス時)体を休める、食事をする時に内臓、消化器系を動かす。
そしてリラックスし、眠たくなる。

※現代社会では、精神的なストレスによる疲労が最も大きいです。

日頃、よく聞く自律神経とは一言でいうと内臓、血管などの働きを調整し、体内の環境を整える神経です。

 

※ストレスにより自律神経のバランスが崩れ、体調を悪くするおもな原因ですが、
ストレス解消・欲求を満たす事によりあらたな原因も考えられます。

 

例えば、主な要因として

1、食生活の乱れ

冷たい物、アルコール、カフェイン、糖分、塩分、油など取り過ぎによる、暴飲暴食
(添加物、保存料、化学肥料なども長年の摂取による影響)

2、運動不足

3、急激に行なう運動

※食べ物による影響が大きく、排便、排尿、汗によって毒素排出(デトックス)出来ない、疲労物質(老廃物)が蓄積され
リンパや血行の流れを悪くして、将来おもい病気になる要素になります。

東京駅八重洲のリラクゼーションマッサージ「悠癒の里」 PAGETOP